理解するための英語、表現するための英語

いつもお邪魔するLAT37N”さんの、それでも英語は難しいというエントリーを読んで、久々に自分の英語について考えちゃいました。
私が日本にいた頃の英語力は、海外出張に必要な(=会社が設定した)TOEICのスコアをクリアし、(外資系の会社の)仕事で英語のマニュアルを読み、時に日本人以外の相手と英語でメールをやりとりする。。。位。 ところが、海外で生活したことの無かった私が、USで生活をはじめた途端、自分の英語力に愕然。
いえいえ、自分の専門分野の話であれば、新聞であれニュースであれ 「あら、私ネイティブかしらん♥」と、自分で惚れ惚れするくらい^^;、よくわかるのですが、一歩その領域を出ると途端に理解力がダウンしてしまうのです。
そこで自分なりに自分の英語の弱点をレベルアップすべく、例えば社会面と政治関連のニュースの理解力上げるとか、小説を多く読むとか(理系出身の技術屋で、論文・マニュアルなどの英語に接することが多かったせいか、英語での表現力があまりにしょぼかったので)を心がけてきました。
でもね、最近、これだけじゃ駄目だ・・・と。
確かに、社会面と政治関連が少しまともになったら、次、医療・保険、年金、教育もいってみようとか、そういう方向もあるのですが、でも、私の英語力全体として、これだけじゃ駄目だと。
聴くこと、読むことは英語という言語を通して何かを理解すること。 これは、多分、普通に大丈夫。 勿論若者言葉の会話はわからなかったり、笑いのテンポがずれてしまったりするけれど^^;、まぁ、それはそれとして、私にとって英語は、とりあえず何かを理解することのツール、手段になっている。
でもね、英語で話すこと、書くことが、自分を表現することの手段にはなっていないのです。 そして、どうすればここをレベルアップできるのか、よくわからない。 
それがもどかしいというか、情けない。
毎回、ダンスの例を挙げて申し訳ないですが^^;、これもきっとダンスと同じで、美しい、完璧なダンサーのステップを何百回も観て頭で理解しても、自分ではできないのと同じで、人様にお見せできないような姿を鏡の前にさらして(一人孤独に^^;)何回も練習するしかないのかな・・・と。 
その練習方法として、LAT37Nさんがおっしゃっている 「幾つか、パターンを作って用意しておく」 っていうのが、なかなか良さそうです。 自分の生活にあったパターンを用意して使ってみる。
その昔、尊敬するダンスの先生から 「自分の得意なところと、自分の不得意なところを人の何倍も練習しなさい。 後は放っておけばいいのよ、勝手についてくるから。」 と教わったことを、事あるごとに実践に適用してきた私^^;。
今は、英語を、自分を表現するための手段 にすることに、人の何倍も時間をかける必要がありそうです。
はぁ~、たかが英語なんですけれどね。 なかなか自分の言葉にはなってくれません。
多分、一生無理。 でも、やっぱり続けるしかないな・・・。
 
 

Google translateの英語のカタカナ表記

404 Blog Not Foundさんのカタカナ表記そのものが「間違い」?を読んで、新しくなったGoogle translateは、どのくらい間違えるかしら?と試してみたら、おもしろい結果が出たのでご紹介。
カタカナで表記される地名、人名、商品名などには、英語読みとはかなり違ってわかりづらいものがあることは、私も何度か以前のエントリーでも書きました。
まず目につく、耳につく(^^;???)のはコンピュータ関連の用語。
例えばRouter。 英語ではラウターですが、カタカナ表記ではルータ。
Databaseも英語ではデイタベースに近い発音ですが、カタカナでは、データーベース。
SCSIは、英語でスクゥジーに近い発音ですが、カタカナではスカジー(因みに、この発音に近い単語は、scuzzyで、きたならしい、いやなという意味の俗語になるので要注意)。。。といった具合です。
ただ、このへんの正しい(というか、一応日本語ではこうしましょうと決めた?)使い方は、JIS工業規格あたりで決められているようで、英語版Windowsを使っていても、日本語IMEをインストールすれば、このへんの使い方このへんの使い方(英語単語を入力して日本語読みを探す、あるいはカタカナ入力から英単語に変換)を使うと、かなり間違いは防げると思います。
で、次に難しいのが国、都市、地名、人名あたり。
これは私の勝手な想像ですが^^;、海外の都市名、地名、人名をカタカナ表記する場合、スペルからだけでなく、その国の発音やアクセントからそれに近いカタカナがあてられているのでは???と思います。
例えばカリフォルニアのSan Joseはサンノゼですが、コスタリカの首都San Joseはサンホセ。 
カリフォルニアのSan Joseはスペイン語のアメリカ読みで単語の真ん中にある J が弱くなってサンノゼ。
一方コスタリカのSan Joseはスペイン語のスペイン語読みの違いなのでは。。。とかですね。
これは、外務省さんあたりが決めてくださっているのでは???と思ってサイト調べたりしたのですが、どうも見つかりません。  加えてこのへんの違いになってくると先のIMEの変換ではうまくいかない単語も多くなってきます。
かなり昔の記憶で自信がないですが、レーガンが大統領選に勝った前後、NHKのアナウンサーがそれまでリーガンと呼んでいた彼の名前を今後レーガンにしますと言ったことがあったかと。
日本人の耳には彼の名前レーガンとリーガンどちらにも聞こえるわけですが、表記にあたってどちらかにきめたんですよね、きっと。 決まった用語は、記者ハンドブック -新聞用字用語集 –などに反映されているのだと思いますが、どこが決めているんでしょうね~。

。。。てなことを思いながら(ちょっと前置き長くなりましたが^^;)、では、新しくなったGoogle translateはどのくらい正確に翻訳してくれるかしら。。。と試してみたところ、思わぬところに思わぬ翻訳を発見!!!
はじめに、San JoseやMountain Viewなどのシリコンバレー、ベイエリアの地名を入力。

Mountain ViewやPalo Altoまではよかったのですが、Athertonはアサートン、San Simeonは、サンシメオンで。。。。ちょっと微妙。
さらに笑ったのが、Monterey,CarmelのCarmelがキャラメル>< いや~~~、キャラメルはおいしそうでいいですが、キャラメルはCaramelで、Carmelはカーメルでしょう・・・やっぱり。 Napa方面では、Yountvilleがそのまま出力。 また、きっと無理だろうと思ったJunipero Serra(カリフォルニアに13のミッションを建てたスペイン宣教師の名前で、ベイエリアにはこの名前に因んだ山や道がある。 スペイン語の英語読みではJuの部分は発音されずニプロ セラですが、日本人の多くはジュニプロ、ユニプロと表記、発音してしまいます^^;)もJuniperoはそのまま出力。
スペイン語の大邸宅を表すHaciendaはアシエンダ(英語読みではハッシエンダに近い)で、これまた微妙。 以前出張に行ったRaleigh(ラーレイ)は、ローリー。。。orz
Routerは、ルータと翻訳されたもののSCSIは のSCSI -.-# ・・・のSCSIって何???
と、ここから、調子に乗って、IKEA(英語でアイキア。 日本のお店はイケア)、Costco(英語コスコ、日本ではコストコ)、Godiva(英語ゴダイバ、日本語ゴディバ)では、Costcoがコスコに。 違う、違う、日本ではコストコで登記されているんだってば。
続いて、ワインの種類。

Cabernet Sauvignon、Zinfandeal、Pinot Noirまではよかったのですが、Sirah,Syrah(どちらもシラーと発音。 でも葡萄の種類としては、かなりの違いがある。 Shiraz(シラーズ)は、オーストラリア産のSyrahでShirazとSyrahがほぼ同じらしいです。)が翻訳されず。
Sauvignon Blancはソービニョオンブランクブドウと余計な単語が追加されていました。 んんん~~~。 
と、ここまで、お茶目な翻訳に一人ウケながら、画面右下のSuggest a better translationを押して、ソービニョンブランクブドウから、ブドウ削除したり、Sirah,Syrahをシラーにしていたのですが、ふと思いついて我が家の愛犬の名前入力。

Goober → 愚か者

母、一気にキレました。
Gooberはアメリカ南部の方言でピーナッツという意味。 アメリカの主だった辞書には大抵この説明がトップに載っています。  ただ、確かに語感や、本来の意味が転じて?いるのは知っているのですが、いきなり、いきなり 愚か者 はないでしょう~、Googleさん。
頭にきた母、タブ閉じてGoogle 翻訳終了しました。
 
 

Philadelphia いろいろ

クリスマスが終わって、ようやく少し時間がとれたので、Philadelphiaの旅行の写真アップしました。 ここ。
アメリカのニュースなどを見ていると、 『 彼らのこの価値観はどこからくるのだろう??? 』と、思うことがしばしばあります。 でも、今回 Philadelphiaを廻って、Liberty BellやIndependece Hallでアメリカの歴史について説明を受けてみると、 自由 を勝ち取ってきた(ある意味戦ってきた)歴史、それを誇りとしている価値観などが少し伝わってきました。  彼らの価値観に全て共感はできませんが、でも、何となく理解することはできます。
私は(恥ずかしながら^^;)、アメリカへ来るまでアメリカの歴史をほとんど知りませんでした。 なので、今、私がみている、知っているアメリカ=アメリカだったのですが、でも、そんな薄っぺらなものじゃありませんね。 世界の歴史からみればアメリカは確かに 新しい国 ですが、でもその新しい歴史の中に自由を求めるすごいエネルギーが詰まっています。 そんな風に感じました。
で、フィラデルフィアのページを作っていたら、先日、テレビでこの映画やっていました。
刑事ジョン・ブック 目撃者Witness:Amazon.co.jp
少し古い映画ですが、フィラデルフィアが舞台(事件が起こった都市)で、主役のハリソン・フォードがアーミッシュの人達に匿われながら事件を解決するサスペンスです。  今、このタイミングでこの映画を見ると、サスペンスというよりも、アーミッシュの人達の生活や団結力、フィラデルフィアの当時の治安(多分地域改革が進む前の状態)などが垣間見れておもしろいです。 そういえば、ハリソンフォードは役者さんになる前大工さんだったでしょうかね~? 
ところで、今回利用したのは・Ritz Carlton Philadelphiaというホテルだったのですが、そこで出されたComplementaryにちょっとびっくり。
ここでVOSSのミネラルウォータとスパークリングウォータが出されました。 いや~、私、このミネラルウォータの名前は知れど実物は見たことがなく、感激しました!!  私、ホテルのComplementaryでWelcom シャンパンとイチゴや、Godivaのチョコレート、フルーツバスケットでも充分感激し、幸せな気分になるのですが、VOSSのミネラルウォータとスパークリングウォータにはとても感激♥です。 それもWelcomeではなく、滞在日半ば5日目くらいに・・・・・。 何だかお洒落だわん♥♥

ロード・オフザ・リングス

cover今週、ロード・オブザ・リングスの3話目がDVDでリリースされたので、2話目をもう一度見て3話めに挑む(?)ところです。 実は、私1話目を劇場で見て、内容がほとんどわからず、撃沈(?)しました。 ハリーポッターくらいなら大丈夫だったのですが、ロード・・・は全然駄目。 わからない単語が出てきたら、それがストーリの中の特殊な単語(人の名前やら、世界やら、時代やら)なのか、単に語彙がなくわからないのかもわからず、撃沈!  自分の英語にショックを受け、しばらく立ち上がれませんでした^^; 
なので、2話、3話目は、劇場で見たいという主人(そりゃ、劇場で見たいですよね~。)に、あの記憶はトラウマ、お願いDVDを待って。。。。と懇願し(?)、DVDでのみ観ています。(はぁ、情けない、ごめんね~)
いや~、早くね、どんな映画でも観にけるようにならなきゃね。。。と思いつつ、やはり今だに英語の字幕なしでは観れないロード・オフザ・リングスです。