新年早々、驚きのダンスグループ Memorial Moment

何だか、思いっきり停滞気味の当ブログでありますが^^;、今年もどうそよろしくお願い致します。
今日は、さすがにここに残しておかなきゃ!と思うことがあり、長い沈黙を破って (大勘違い)戻ってまいりました^^;
今朝、いつものようにメールチェックし、ニュース読んだ後、FaceBookで友人のポストなんぞを読んでいたら、友人の気に入ったYoutubeビデオがアップされていました。 そのビデオは日本のダンスコンペのようで、紹介されていたパフォーマンスもとてもよかったのですが、私は「へぇ~、こんなダンス番組、日本にあったんだ。。。」と、フラフラ検索してみました。
どうやら、このダンス番組、4シーズン目が丁度終わったようで、今シーズンの優勝チームのビデオがアップされていました。

Round 1
Round 2

Round 3

と、ここまでビデオで見てまずびっくり。 優勝チームなので各ラウンドの振付のすばらしさ、各ダンサーのテクニック、表現力、チームワーク、作品としての芸術性、ストーリなど踊りの完成度もさることながら、「あれま、これ3作品でひとつのストーリになっているわ。」と。
このような作品は3作品見て(見終わって)、3作品分の感動プラスアルファが押し寄せてくるのですが、このダンスコンペの審査に合わせて1作品ずつ出していくと、1作品目だけで判断されてしまうわけですから、それだけリスクが高くなるはず。。。なのに、敢えて、こういう作品で参加してきたって・・・・すごい!!! と思ってしまったわけです。
ここまで来ると、もう、このチームは何、振付は誰???みたいに芋づるをどんどん掘っていきたくなりまして、見つけたのが’このインタビュー記事
この作品を振付けたKaoriさんへのインタビューなのですが、もう、彼女の一言一言に驚き。 例えば、

「最後まで、ポピュラリティ(人気投票?)によらず、自分達の世界観を押し切ったのか」

の質問に

「始めの段階でROUNDごとで見せたいものが決まっていました。ROUND3までを見ると必ず自分たちのしたいことがわかってもらえる。そこが繋がって1つの作品として評価をされると信じていました。続けてみてくれた人に対して作っていたので、DANCE@HERO JAPANの1回ずつの審査は実際怖かったです。ただそれであってもROUND3では巻き返せる自信はありました。チーム力や作品力とかトータルで抜けてしまえば、どんなジャンルでもダンスであれば絶対に伝わると確信していました。クオリティの高さでは必ず負けないという努力は最大限でしていましたね。」

トータルで抜けてしまえば、どんなジャンルでもダンスであれば絶対に伝わる。 もう、まさにおっしゃる通り!!!!  クオリティの高さでは必ず負けないという努力。。。って、やっぱり多少のリスクを恐れないほどの、伝えたいことと、伝える努力と、それを研ぎ澄ます、より高いレベルに持っていく努力があったのですね。
で、さらに読んでいくと、なんと彼女はHipHop出身。 もう、てっきりバレエなどでダンスの基礎を学んでJazzで表現していると思っていたのに、ここでまたびっくり。
そして、
「コンテンポラリーのような芸術性の高い作品と、一般的に共有することができるストリート作品の中間をめざし、自分達にしかできないことをやっていく」
と。 はぁ~、もう、素敵、素敵、素敵です。
私達のような、末端ダンサーの中にもバレエやコンテンポラリーで芸術性を目指す人と、ストリートやその他でエンタテイメントを追求する人達がいて、私なんぞは、そのどちらも大好きで行ったり来たりしているわけですが^^;、どちらも好きで行ったり来たりではなく、
「その中間をめざして自分達にしかできないことをやっていく」
なんて、言葉、私には、とってもキラキラ輝いて、いやその眩しさに目も開けられないほどです。 はい。 もう、私が日本にいたら、しっかり、追っかけおばさんになっていたと思います。 はい。
彼女達の活躍を、これからしっかり見守ります。
さぁ、今年も頑張るぞぉっと。

Classical Ballet Variations Workshop

今、クラッシックバレエのバリエーションワークショップというのを受けています。
クラッシックバレエの有名な作品(の一部)の振付を習って、作品を知るというワークショップで、今回のワークショップでは、Swan Lake(白鳥の湖)とLa Bayadère(ラ・バイヤデール)という作品の中から白鳥はBig swanのピースとラ・バイヤデールはNikiyaがソロルとガムザッティの婚約の宴で踊る作品(=毒蛇に噛まれる前の踊り)を習います。
どちらの作品も、いくつかの振付バージョンがあり、また上演するバレエ団にって演出も異なるのですが、例えば私達が習っている白鳥の作品は、これに近い振付です。

 
(注: チュチュは着ません^^;。 トウシューズも履きたい人だけ履きます。 二人とか三人とかで踊るのではなく、ワークショップの参加者全員で踊ります^^;)
ワークショップ申し込む前はね、どうしようか散々迷ったのですよ~。 バレエコンプレックスがたっぷり沁みこんでいますからね~、今更バレエの作品習ってもね~ってね。 
でもね、はじめてみたら、おもしろい、楽しい、おもしろい、楽しい!!!! 
先生がところどころでビデオを撮って、それをワークショップの後に送ってくださるのですが、それを見たら、白鳥からは程遠く(当たり前^^;)、鴨かアヒルか、はたまたヒヨコか・・・って感じなんですが、楽しいです。
普段のレッスンでは、どうしても流れて終わってしまう振りを、このワークショップでは振りを覚えた後何度も何度も繰り返して踊ることで、少しずつ自分の癖や欠点を直し、繋ぎをスムーズにし、作品の表現を変える事を試してみたり、作品の解釈を試行錯誤してみたり。。。
8回のワークショップで3回目が終わったところで、白鳥の湖は振付が終わりラ・バイヤデールの作品に入りました。 残りの5回、頑張ります!!!!
 

YAGP New York Final 2012 #3

はい、そしていよいよ最終日。 クラッシック、続いてコンテンポラリーを勝ち残った人達の最終決戦はクラッシック。
会場は、ここリンカーンセンターに移ります。


ここまで勝ち残る人達は、クラッシックでもコンテンポラリーでも安定した見せる踊りを披露してくれたダンサー達。 審査員も20人くらいに増えて、今度は観客席の中央に。(それまでは最前列で審査)。 披露してくれる作品も(多分)本人にとって一番得意とする作品。。。。のはずなんですが。。。。NYのクラッシック予選ですばらしい踊りを見せてくれた何人かが、音に乗れなかったり、表現がつまらなさすぎたりでFinalらしい踊りができず。 それも一人だけではなかったので、やはりこういうコンペティションで勝ち残るには、プロに求められるような安定した演技を “継続” できることも要求されるのかな・・・・と思いました。
つまり、調子のよいときと悪いときの差が激しいダンサーよりも、調子が悪いときでもある程度きちんと踊れるダンサー。
Mちゃんは、クラッシックの作品に関しては、私から見るとサンフランシスコでの予選の方が少し出来がよかった気がするのですが、でも、決して崩れない安定した踊り+表現力の増した踊りを見せてくれ、トップ12入り。 さすがです。
それから、とても印象に残ったのが観客。
自分の応援するダンサーに思いっきり声援を送り、サポートするのがアメリカの観客ですが、でもね、そういう身内贔屓だけでなく、この観客はすばらしい演技を見せてくれたダンサーにも惜しみない拍手と声援を送っていました。 いや~、感動。 すばらしい演技を見せてくれたダンサーとそれを認めてブラボーを送る観客、両方に感動しました。
いやはや、バレエ鑑賞&ダンストーク(With my friend)に明け暮れたこの一週間、本当に幸せでございました^^;
で、ダンスとは全然関係ないのですが、私と友人はこの一週間、朝はホテルかその近辺で多少まともな食事を摂った後、会場で12時すぎから夜の11時近くまで過ごしたため、ほとんど毎日非常食状態^^;だったのですが、この夜だけ会場近くのレストランで、少しまともな食事をしました。 いや~、おいしかった。
ちょっと甘めのサラダ。

ミネストローネ

カルマリ(イカ)のフライ

そしてカルボナーラ。 上にのっているのが目玉焼きなので、ちょっとあれ???なんですが^^;アルデンテなパスタといい、したのソースといい、おいしかったです。 ホント。

YAGP New York Final 2012 #2

New Yorkでの決勝は、まず、クラッシックバレエのコンペがあり、それに勝ち残った人が次のコンテンポラリーへ進み、さらにそこで勝ち残った人が最終審査へ進むことになります。 
NYでのコンペは、さすがに、地区予選を勝ち抜いてきた人達だけあって、どのダンサーもテクニック、表現力安定しています。 審査員の数も予選のときより多く、また世界各国からの審査員。

とぉ~っても、ステレオタイプなコメントをお許し戴ければ^^;、総じて中国、韓国、日本などのアジア系のダンサーは、正直プロポーション(手足の長さ等)の点で多少ハンディがあるものの、動きの正確さ、シャープさでその強さを見せてくれました。 ただ、中国からの女性ダンサーは、まずプロポーションで選ばれているのか、バレエ的なプロポーションも抜群。 
後は、ジュニアもシニアも男性ダンサーの方がエンタテイメント精神に溢れている感じです。 一方、女性ダンサーの方は小さなミスを犯してしまうと、その後極端にダンスのエネルギーが下がってしまう人が目に付きました。 Mちゃんのママ(友人)曰く、女性のコンペの方が競争が激しいからだそう。 なるほど・・・
Mちゃんが出たジュニア部門のコンペの翌日は、シニアのクラッシックのコンペ。 ジュニアの最年長とシニアの最年少は1年しか歳が違わないのに、シニアになるとテクニックが驚くほど安定しています。 この年代は、1年間の練習量でこんなに違いが出てくるのでしょうか? いや~、すごい。  特に男性のシニアは、もう、バレエをあるいはダンスを自分のキャリアとして意識しているのか、表現、プレゼンテーション、アピール力がすごいです。 会社の採用試験で、面接しているような感じのアピール力です^^;
シニアのクラッシック部門が終わった後、クラッシック部門を勝ち残った人がコンテンポラリーへ。
コンテンポラリーは、ダンサーの個性や表現力も魅力のひとつ。 クラッシックでは見せなかった個性的な表情、作品にあった、目線、指先の動き。 振付師からの繊細な動きに自分なりの解釈を加えた表現、音のとりかた、伝え方。
ここで、ダンスの幅の広さと安定度が手に取るようにわかります。 
コンテンポラリーは、作品のよしあしもかなり影響してしまうのですが、何とも私的に不満の残ったのは中国のダンサー達のコンテンポラリー。
クラッシックでのコンペを見れば、彼らのテクニックはかなり高いはずにも関わらず、コンテンポラリーの作品がつまらない!!!! いや、これはダンサーの責任ではなく、振付師がきちんとした、コンテンポラリーの作品を作っていないんですね。 いや~、残念。 中国ではコンテンポラリーがまだ理解されていないのでしょうか。。。そんな気もします。
ここまで、午前中にレッスンを受け、12:00過ぎにはじまるコンペを夜の10:00過ぎまで見て^^;、ほぼ夜中にホテルに戻り、そこからグロッサリーストアで買ったテイクアウト系のもので夜食をとりながら、夜遅くまで(って、充分遅い^^;)コンペの話とバレエの話に明け暮れました。 いや~、楽しかった。

YAGP New York Final 2012

この一ヶ月、落ち着かない日が続いて、日本に帰る直前に行ったニューヨークのことををすっかり書きそびれていました^^;
私的には、これもビッグイベントだったので^^;、忘れないうちに書き留めておきます。
4月の末、日本のゴールデンウィーク少し前に一週間ほどニューヨークへ行ってきました。
今回のNY旅行の目的は、Youth America Grand Prix(以下YAGP)というバレエコンペティションのニューヨークでの決勝コンペを見るというもの。
YAGPというのは、9歳から19歳までの若いバレエダンサーのコンペティションで、世界各国から選び抜かれたバレエダンサー達がニューヨークでの決勝を争います。 昨年封切られたバレエのドキュメンタリー映画 First Position は、このYAGPのドキュメンタリー映画です。
 

 
で、このNY Finalに友人の娘さんが出場するため、彼女の応援のために私は友人を誘ってNYまで行ってきました。 友人の娘さんは、このコンペの常連さんで、毎年のようにNY決勝まで残っています。 一方、私と友人は昨年 First Positionを見て感動し、今年に入ってYAGPのサンフランシスコ予選を見に行き、さらに感動してNY行きを決めたというもの^^;。 
でもね、NY行きを決めるきっかけは、やはりサンフランシスコ予選での友人の娘さん(以下Mちゃん)の頑張りみたからです。
SF予選では、コンテンポラリーの予選、続いてクラッシックバレエの予選でした。
Mちゃんはコンテンポラリーの部門で2作品踊り、クラッシックで3作品を踊りました。 でもコンテンポラリーの最初の作品、出だしでミスを2つ、3つ。 一緒に行った友人(彼女はバレエの専門家)は気がつかなかったと言いますが、多分コンテンポラリーを知っている人には目立つミス。
さすがにいろいろなコンペの上位入賞常連の彼女なので、それらのミスも上手にリカバって後を続けましたが、続く2作品めも表情はやや硬く、本来の彼女の踊りが完全には出し切れないまま終わりました。 ところが、ところがです!!!!  クラッシックに入った途端、Mちゃんの踊りは変わったのです。 コンテンポラリーでのミスを引きずらず、完全に彼女のペースで1作品踊るたびに調子を上げ、3作品目を踊ったときには、観客一同、彼女の踊りに魅了されました。
彼女の、この底力、頑張りに私、痛く感動しました^^;。
バレエのコンペの常連さん達でも、ミスの後は(例えそれがほとんどの観客にわからなくても)、作品に対する集中力が途切れ、踊りの、表現のエネルギーが目に見えて落ちてしまいます。 こういう踊りになってしまうと、観客にとっては、犯したミスよりも踊りがつまらなくなる・・・・・。 でもね、Mちゃんは違ったのです。 コンテンポラリーでは、ミスの後も作品への集中力を持続し、クラッシックに入ってからは、コンテンポラリーでのミスを完全に払拭して、作品踊りきるごとに調子を上げていった、ここに私、感動し、脱帽し^^;、ニューヨークまで応援に行こうと思うようになりました。
後はね、どんなコンペティションでもバイヤスがかかっている。。。バイヤスがかかっているからこそ、それを超える踊りを踊らなければいけないと頑張っている姿にも、さらに感動。 こういう姿が人を動かすんですね、多分。
というわけで、前置きが長くなりましたが^^;、そんなこんなで、NYまで行ってきました。
 

四七日忌

父が亡くなって、四七日忌を迎えた。
入院中の父の様態があまり良くないと母から連絡を受けたのが、NYへ出発する前日。 でも、この1年、ときどき様態が悪くなり、2,3日で元に戻る。。。というのを繰り返していたので、母も比較的楽観的に「多分また2,3日で元気になるわ」、と。
ところが、NYから戻ってきた後も様態は回復せず。 丁度日本のゴールデンウィーク中だったため、担当医から話を聞けたのが火曜日。 水曜日には弟へも病院から連絡が入り、後2,3日が山だとのこと。 この時点で私も航空券を手配し、日本に向かう準備。 スーツケースに荷物を詰めている間に、父が他界したとの知らせ。 日本時間5月3日午前2時52分。
急遽夫の航空券も追加し、二人で日本へ。
何年か前にも父の様態が悪くなり、それ以来、いつか、この日が来ることを、心の中では覚悟していたつもりでも、自分の心の準備はできていたつもりでも、一瞬にして悲しさが、喪失感が頭の上から覆いかぶさってきた。
弟の自宅に安置された父の遺体は、穏やかで、今にも目を開けていつもの満面の笑みがこぼれそうな安らかな表情をしていた。 
その夜は、久しぶりに家族が揃って楽しい食事をした。 食べることが大好きだった父、家族が笑いながら、食事を楽しんでいるのを見るのが好きだった父。 そんな父を見送るには、家族で笑いながらおいしい食事をしようと。
それでも、母や弟、そして私は食事の間に席を立ち父の眠る和室に行き、それぞれに時間を過ごした。 多分、それぞれに父に語りかけ最期のお別れを告げていたのだと思う。
悲しいけれど、穏やかで落ち着いた時間だった。
翌日の納棺。
女性の納棺師さんが父の遺体を清め死装束を着せてくれた。 心のこもった優しい所作に感動。 白装束をまとった父は、旅立ちの準備ができたようだった。 葬儀は、父の希望通り、私達家族と、親戚のみの家族葬。 家族が、親戚が、思い思いの形でゆっくりと。。。そして何度も、父にお別れを告げていた。 
繰り上げ法要を終えて、夫はアメリカに戻ったけれど、私はしばらく母と過ごすことに。
お通夜、お葬式のときは、かなり疲れた表情をしていた母も、初七日が終わる頃には落ち着いてきた。 母の様子を確認して、私もアメリカに戻った。
アメリカに戻った翌日、私はスタジオに向かった。
NYからの時差ぼけも直らないうちに日本に向かってお葬式を済ませた後の体は、体力的にクタクタだったのだけれど、心がスタジオに向かわせた。 私にとって、踊りは、駆け込み寺、あるいは教会みたいなもの。 楽しい時、嬉しい時だけでなく、心が挫けそうなとき、悲しいとき、辛いとき、踊りに集中することで、自分の気持ちと向き合い、それを受け入れることができる。 だから今回も、踊りに駆け込んだ。 そして、助けられた。
葬儀の後、父の死の実感が段々薄れつつある。 多分、次回日本に帰ったときに、どこへ行っても、父のあの笑顔に会えなかったとき、その事実を再度実感するのかもしれない。
 
 
 

Acrylic scrub – amigurumi 2 –

アクリル糸であみぐるみを作りながらも、お掃除道具にこだわっているため、プラスチックの目をつけるのをためらっているうちに、目のない動物達が増殖しています。 いや、動物っていうか、生き物っていうか。。。
とりあえず、まとめてアップ。
 

キリンのつもり。
 

ふくろうのはず^^;。
 

ライオンだと思う。
 

セイウチ。 色も、編み方もテキストに沿って作ったのですが、でもね、本体作っているときから思っていました。 本体大きくして色変えたら鯨だな~って。 鯨の方が似合うな~って^^;
 
あらま、カバさんの写真撮り忘れています…orz… カバさん、ごめん!!!!
そしてこれ、

何だかわかりませんよね~。
こうやって並べると想像つくかしらん。

はい、ちびトトロの予定^^;
増殖を続けるアクリル動物君を見て夫(トトロ大好き君)がボソっとつぶやいたのです。
「ネコバス作って。」って。
今までのは、インターネットで公開されている編み図とか、テキストの編み図みながら作ったのですが、トトロキャラは編み図なんてありません。 自分でイメージして作るしかありません。 だから、いきなりネコバスは難しいすぎるだろう~と思って、ちびトトロから作ってみました。 これでいくとグレーの毛糸もあるのでトトロもいけるかもしれません。 
動物っていうか・・・・生き物系ね^^;
 

Acrylic scrub – amigurumi –

先日、イースターにアップしたウサギ達は、悲しげな顔をしたブタさんたわしやら巨大になりすぎたヒヨコたわし(つまり失敗作^^;)が続いていたときに、Webでみつけた編み図をサンプルに作りました。 
これが思いのほか家族に評判がよく&イースターが近かったので、卵の殻を破ったヒヨコをつけてイースター風に。 これには我が家の愛犬君も大興奮で、出来上がるまでに2,3度彼のアタックを受けてしまいました。 そこで私、また調子に乗って(ここで、止めておけばいいのに^^;)、「よし、今度はこれ!」と作ったのがこれ。

夫「お、かわいい。 アリクイだね。」
私「アリクイ? のぉ~-.-#」
夫「あ、そうか、アルマジロだ。」
私「・・・(プチ切れ)・・・・・」
そうですね、葉っぱたわし用に買ったグリーンの毛糸じゃなくって、もっとゾウさんらしい色選ぶべきでしたね。 鼻も、ゾウさんっぽくアレンジすべきでしたね・・・・うがぁ・・・・
でもね、私にはとってもかわいいゾウさんに見えるので、今度はちょっと頑張ってこんなの作ってみました。

さて、これは何に見えますか?
編みぐるみの目には専用のプラスチックの材料があるみたいなのですが、一応まだ、アクリルたわしというか、お掃除道具に。。。と思っているので、プラスチックの目を使っていません。それが敗因かと思うのですが。。。。まぁ、ゾウだろうとアリクイだろうとどっちでもいいか^^;
では、次は何にしましょうね~。 やっぱりカバかしらん。 先日FBの占いによると、私の性格はカバらしいので。 次、カバいきましょうかね~。 いや~、私のPC周りが徐々に編みぐるみ動物園になりつつある・・・・正体不明の動物園^^;